園の概要

園長挨拶

 郷ヶ丘幼稚園がいわき市郷ヶ丘に産声を上げたのは、1985年4月。45人のこども達と5人の教職員で開園式を迎えました。
当時の幼児教育は、幼稚園教育要領にのった保育で、整然としたこども達の姿に賞賛の声が上がる時代でした。ここ数年の間に、大きく変わりつつありますが、そんな中で、当園は開園当時から『こどもの成長のみちすじ』をしっかり踏まえた保育内容で現在まで歩んできました。
 大人はこどもと共に遊びを共有し、おもしろく、楽しく、思いっきりあそびきること。こどもの情動に敏感に反応し共感できる大人であること。そのためには、ワクワクしたこども心をもった大人であり続けること。そしてこどもは、大勢の仲間と笑い、ケンカし、泣き、仲直りしながら育っていきます。だから大人は余計な企てはせずに、こどもに添っていきます。

 突き出た大脳とよばれる五官に、多くの栄養をおくるため、好き嫌い無く何でも食べる。数多くの体験を重ね、より鋭敏な五感を育てる。転んでもスクッと立ち上がれるこども、しなやかな心と身体を持ったこども、自分の思いを他者にしっかり伝えられるこども、何に対しても興味津々、意欲にあふれたこども。そんな子に育てたいと思いながらの26年間の歩みでした。

 もう1,000人を越える卒園生がいます。多くの人たちに支えられてやってこれました。感謝の気持ちでいっぱいです。これからもその気持ちを忘れず、どんな時代になろうと、脈々と続いてきた子育てという大仕事に、夢と希望と憧れを持ち続けながら、前向きに、謙虚さを忘れず「こどもたちを守る」という立場を頑固に保ち続けていこうと思います。
「ああ、おもしろかった」「明日もあそぼーね」とこども達が過ごしていければ、そのおもしろかった生活体験は明日への希望と意欲に繋がることを信じて。

2011年8月 郷ヶ丘幼稚園園長 前山成子

教育方針

ku:nel:asob

豊かなあそびを通して、たくましく健やかに育つ

明るく、元気で、意欲的なこ

沿革

1985年4月 開園
1993年5月 民族歌舞団ほうねん座「ほうねん座」公演主催
以後年約1回、園主催による公演を開催
1995年4月 園庭の植樹(けやきなど)を本格的に取り組む
1997年6月 園庭の築山をより高く作り直す。山に芝生をはる
1999年3月 東北大学助教授・岩倉政城講演「子育ては五感をたよりに」
以後年約1回、大学教授や医学博士による講演を主催
2000年2月 2F給食設備・ランチルーム完成
2009年7月 園庭側廊下増築

学級編成

交通案内

学校法人エービーシー学苑 郷ヶ丘幼稚園
〒970-8045 福島県いわき市郷ヶ丘3-18-3 Tel.0246-28-2777 Fax.0246-88-7137


大きな地図で見る
▲ページの先頭に戻る