一日の流れ

朝の風景

朝のお迎えのスクールバスが園出発!
時間が早いのは、交通渋滞をさけるためと、子供達を少しでも早く登園し、いっぱい遊んでもらいたいからです。
少し経つとお父さんやお母さんに手をひかれ「おはよ〜」って元気に登園してくる子ども達の姿が見られます。
だんだん園内もにぎやかになってくる頃は、先生もあそびの中心になって、鬼ごっこやシッポ取りなどのルールあそびも始まります。
午前中の風景

月・水・金曜日はホールに全員集合。歌を歌って手遊びして、絵本や紙芝居をよんでもらったあとは、大好きなリズムあそびの時間です。
絵を描く、粘土あそび、折り紙、絵本、紙芝居の読み聞かせ、お料理など「静の時間」も大切に捉えています。
お昼の風景

各年齢別に時間差で2Fレストランへ移動します。
お昼はすべて幼稚園で手作りです。そして「食は文化」です。まずは手洗い、うがいをします。衛生面を考え、使い捨ての紙タオルを使用しています。クラスごとにまとまりますが、席は決まっていません。日によってお隣さんは違っています。まるで大学の学食の様子です。お家や友だちのこと、お散歩での出来事などおしゃべりはつきません。先生は一人一人の話にうなずきながら同じ食事を一緒にとります。入園の頃の好き嫌いも、2学期に入る頃にずいぶん克服されています。

午後の風景

給食が終わった順から保育室に戻ります。ひと遊びしたら集まって、絵本や紙芝居を読んでもらいます。
預かり保育を受けている子はお昼寝の準備、パジャマに着替え、雑巾がけをし、お布団引きが始まります。早い帰りの子は、この時間にお迎えかスクールバスで送迎となります。
14:30。早く眠りについた子がだんだん起き出す時間です。みんなが起きてきたら、また着替えてお布団たたみのお手伝いです。
15:00は大好きなおやつTIME、これも全部給食さんの手作りです。食べ終わったら、また園庭であそんだり、絵を描いたり、当番活動をしたりとスクールバスの出る時間やお迎えまで、ゆったり、のんびり過ごします。
17:00。保育時間の終了が近づいてきました。「明日も一緒に遊ぼーね」って元気に家路につく郷ヶ丘幼稚園の子ども達です。
▲ページの先頭に戻る